消費者金融のカードローンは総量規制の対象となる

貸金業法というのは聞いたことがあるでしょうか。
その中の一つではありますが、むしろ総量規制の方耳にしたことがあるかもしれません。
私たちが消費者金融カードローンを利用するとき、総量規制を無視することができません。
総量規制とは「個人が借り入れをするとき年収の3分の1を上限とする」という借り入れ金額を制限する法律になっています。
それでは総量規制がある理由について簡単にご説明していきましょう。
一昔前まで、総量規制はなく消費者金融などの貸金業は個人への貸付金額を自由に設定することができていました。
自由にとはいっても当然審査があり返済可能な金額としていたはずですが、実際に貸し付け過多による多重債務者が続々と生まれていたことは間違いありません。
多重債務、借金地獄、キャッシングによるトラブルは後を絶たず、それによって人生を狂わせてしまった人が行きつく先が人生を終わらせること、もしくは闇金融でした。
貸付金額を制限することによって多重債務ばかりではなく闇金融からの借り入れを防止することも考えられています。
つまり闇金融対策です。
借り入れる金額に制限があれば適正以上のフリーローン借り入れはできずに返済も金額が過度になることはない、それが総量規制の基本方針となっています。
実際闇金融はまだまだ多いものです。
総量規制があることによって借りたくても借りられない状況にある方が選んで進んでいく道ともなっており課題はまだまだあるようです。

 
 

簡単にできる!銀行でキャッシング

銀行でキャッシング、簡単にできるようになっています。銀行での借り入れは難しいという先入感をお持ちの方も、気軽に利用できるのが銀行カードローンです。
銀行カードローンは、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などいずれもほとんどの銀行が取り扱っています。各銀行によってそれぞれ特徴のあるローン商品となっています。主な違いは金利や限度額などですが、利用法(カードを使う、カードを使わずネットで借り入れや返済をする)などにも違いがあります。自分の予定している利用方法によって借入先を決めることが大切でしょう。
銀行口座を持っていなければ、カードローンと同時申し込みが必須の所もあれば、口座がなくても申し込みができる場合もあります。まずは自分の銀行口座のカードローンは、どのようになっているかを調べてみるというのもよいでしょう。
いずれの銀行でも審査時間はとても短くなっています。即日に借り入れまでできる銀行カードローンもありますし、2〜3日程度で審査結果がでるというカードローンもたくさん見つかるでしょう。銀行での借り入れは実際に利用するまでの時間が長く待たされると思ってしまうのですが、カードローンに関してはスピード審査が可能になっています。
また、必要書類が少ないこともまた銀行のカードローンの特徴です。これによって準備が簡単にできますから、借り入れまでの時間をさらに短くできますね。銀行カードローンは、収入証明書が必要になる借入額が大きくなっているものが多いです。

 
 

選べる2つの無利息期間のあるカードローン

キャッシングサービスを行う金融機関は、沢山ありますが、中でも近年人気を集めているが無利息期間のあるカードローンです。そして、現在いくつかある無利息期間のあるカードローンの中でも特に注目を集めているのが2つの無利息期間のあるレイクです。レイクには、利用者がニーズに合わせて選べるように「180日間無利息」と「30日間無利息」と選べる2つの無利息ローンがあります。ちなみに、レイクは、新生銀行が発行するカードローンです。消費者金融系カードローンの中には無利息期間のあるカードはいくつかありますが、銀行カードローンで無利息期間があるのは現在レイクだけです。更に、無利息期間を設けている金融機関の中でも選べる2つの無利息期間があるのはレイクのみです。

180日間無利息は、契約額1~200万円の方を対象にした無利息ローンとなっていて借入額のうち5万円まで180日間無利息になります。30日間無利息は、借入金額に上限はなく初めて借入した場合30日間無利息になります。

借入れ金額や返済予定によってどちらの無利息期間を利用するのがお得か?ということになりますが、レイクの公式HPに「どっちがおトク?シミュレーション」があるので、利用予定額と返済予定回数を入力してどちらが得になるのか確認してみると良いでしょう。

カードローンデビューの方はもちろんのこと、他のカードローンを利用しているけどなるべく金利を抑えたいという方にとっても無利息期間のあるカードローンは魅力的なはずです。しかもレイクは安心の銀行カードローンですし選べる2つの無利息期間が用意されているということで利用者にとっては嬉しい限りですね。

 
 

電話からのキャッシング申し込みも意外に素早い

最近のキャッシング業界では電話申し込みも便利な方法の一つとなりました。
お客様サービス対応の電話番号が必ず用意されているものですが、そこから申し込みを受け付けている借りやすいキャッシング業者も少なくはありません。

電話申し込みではたして即日キャッシングが可能かとむずかしいかもしれません。
それは業者の対応にもよってきますので、各社のホームページ上にある注意事項を入念に確認しなければならないでしょう。
意外な落とし穴としては電話申し込みは「申し込み」であって「契約」ではないということです。
申し込みをすることは、申し込みをする、審査をする、それだけのものです。
審査結果によって契約に進むのかそれとも断られるのか、断るのかを選択することとなります。
つまり審査結果がわからなければ契約へ進むことがありません。

電話申し込みは多くのキャッシング業者で行われていますが、契約も電話で行えることはほとんどありません。
そもため即日キャッシングの選択肢としては可能性が低いと言わざるを得ません。

ただし申し込みと契約を分けて考えてみると、申し込みは電話で行い契約は別の方法を考えるということもあります。
通常、どのキャッシング業者でも最も素早く申し込みから借り入れまでが完結する方法は電話と自動契約機の併用です。
電話で申し込みを行い審査結果を待っている間に自動契約機に向かい契約だけを行う方法です。
無駄時間を極力減らし即日キャッシングの可能性をより高くするために実は電話申し込みが活躍するわけです。

 
 

アコムで学費を払う…これってあり?

大学の学費というのは思いのほかかかるものです。学費は親に出してもらっているという人が多いとは思いますが、中には自分で支払っているという方もいらっしゃいます。しかし忙しい学生生活とアルバイトとの両立で、思ったよりも稼げずに学費が払えなくて困ってしまっているという人もいるのではないでしょうか。そうしたとき、オリックス銀行カードローンなど消費者金融で学費を払うってありなんでしょうか?

消費者金融などでお金を借りる場合には金利が高くなりますから、基本的には小額キャッシングや短期のキャッシングにむいているもので、長期でまとまったお金を学生が借りるというにはあまり向かないローン商品という気もしますが、どこも貸してもらえず急いでいてというのであれば、即日キャッシングなど融資スピードには定評がありますからそうした緊急なときには大変便利に使えると思います。

ただし、そこまで急ぎではないというのであれば、学生ローンを利用するほうがまだいいかもしれません。学生ローンは学生専用のローンで、消費者金融で借りるよりは幾分かではありますが低金利で借りることが可能です。もともと学生の為のローンですから、学費に利用するという資金目的の人も多いですし、中には即日融資に対応しているなど融資スピードが速いところもありますから、急ぎの場合はそちらを利用するのもいいでしょう。

学生のうちは学校に行きながら空いた時間でバイトをし、そこから生活費も出していく訳ですのでローンの返済もなかなかすすまず大変かと思います。できるだけ返済負担を減らす為にも、できるだけ金利の低いところで借りることは必須条件だと思います。

 
 

銀行カードでキャッシングをする方法

お金が手元になくてお金を借りたいと思ったときに、キャッシングができると便利です。しかい、あまりたくさんカードを持ち歩きたくないという場合は、銀行系のカードローンに申し込めば、銀行カードにキャッシング機能を付けることができます。

銀行系のカードローンの申し込みは、インターネットやATMから手続きができます。少額の10万円であれば、銀行のATMで申込みから利用まですることができます。また、インターネットが使える環境であれば、その場で手続きすることができます。

申し込みから審査までも最短30分というところもあります。利用可能額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用することができます。口座に直接振り込みでキャッシングも可能ですので、家賃の引落日なのに口座に残高がないときなどにも利用できて便利です。

返済はリボ払い形式であることが多いです。毎月一定額を返済するだけでいいので、家計の管理もたいへん楽になります。また、金利も消費者金融系にくらべて上限金利が低めの設定であるのも魅力です。口座引き落としで返済ができますので、返済忘れもなくおすすめです。