アコムで学費を払う…これってあり?

大学の学費というのは思いのほかかかるものです。学費は親に出してもらっているという人が多いとは思いますが、中には自分で支払っているという方もいらっしゃいます。しかし忙しい学生生活とアルバイトとの両立で、思ったよりも稼げずに学費が払えなくて困ってしまっているという人もいるのではないでしょうか。そうしたとき、アコムなど消費者金融で学費を払うってありなんでしょうか?

消費者金融などでお金を借りる場合には金利が高くなりますから、基本的には小額キャッシングや短期のキャッシングにむいているもので、長期でまとまったお金を学生が借りるというにはあまり向かないローン商品という気もしますが、どこも貸してもらえず急いでいてというのであれば、即日キャッシングなど融資スピードには定評がありますからそうした緊急なときには大変便利に使えると思います。

ただし、そこまで急ぎではないというのであれば、学生ローンを利用するほうがまだいいかもしれません。学生ローンは学生専用のローンで、消費者金融で借りるよりは幾分かではありますが低金利で借りることが可能です。もともと学生の為のローンですから、学費に利用するという資金目的の人も多いですし、中には即日融資に対応しているなど融資スピードが速いところもありますから、急ぎの場合はそちらを利用するのもいいでしょう。

学生のうちは学校に行きながら空いた時間でバイトをし、そこから生活費も出していく訳ですのでローンの返済もなかなかすすまず大変かと思います。できるだけ返済負担を減らす為にも、できるだけ金利の低いところで借りることは必須条件だと思います。

 
 

銀行カードでキャッシングをする方法

お金が手元になくてお金を借りたいと思ったときに、キャッシングができると便利です。しかい、あまりたくさんカードを持ち歩きたくないという場合は、銀行系のカードローンに申し込めば、銀行カードにキャッシング機能を付けることができます。

銀行系のカードローンの申し込みは、インターネットやATMから手続きができます。少額の10万円であれば、銀行のATMで申込みから利用まですることができます。また、インターネットが使える環境であれば、その場で手続きすることができます。

申し込みから審査までも最短30分というところもあります。利用可能額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用することができます。口座に直接振り込みでキャッシングも可能ですので、家賃の引落日なのに口座に残高がないときなどにも利用できて便利です。

返済はリボ払い形式であることが多いです。毎月一定額を返済するだけでいいので、家計の管理もたいへん楽になります。また、金利も消費者金融系にくらべて上限金利が低めの設定であるのも魅力です。口座引き落としで返済ができますので、返済忘れもなくおすすめです。